ナイフケース

本格的な梅雨のお天気になってきました。

雨が降らなければ農作物への影響を心配してしまうし、

雨が続くとじめじめしてイヤなものです。

人間はわがままな生き物ですね(笑)

 

春にいただいたオーダーをいまだにゴソゴソと制作している革工房JACKです。

オーダーをいただくことはありがたいことですが、

お待たせしていると気持ちが焦ってしまいます。

 

さて、先日ナイフが持ち込まれました。

もちろん銃刀法などの関係法令に抵触しない

正当な用途のナイフでございます。

時々ご依頼を頂くのですが、

ナイフのケースを作って欲しいとのことで、

ピッタリに調整するためにナイフをお預かりしました。

 

農作物への鳥獣被害をもたらす

害獣(猪・鹿)駆除のために所持するナイフです。

実用性重視の為、華美なデザインは不要というご依頼。

 

ダークな色で仕上げました。

 

仕上げの段階でナイフの歯とケースが接触する部分の

微調整が必要となり、補強などをして完成!

 

 

ナイフはとてもキレ味が鋭いので

固定するフラップも遊びが無いようしっかり合わせました。

 

山でご活躍されることをお祈りいたします。

ありがとうございます。