· 

「超工作」終了しました

~次元を超えた夏休みの宿題~

というサブタイトルが付いたこのイベント。

 

7月30日・31日の土日2日間、宇部市ときわ湖水ホールで開催され、大盛況で無事終了いたしました。

サンプルの革製かべかけ時計はコレですが、子供たちにはイラストやネームの刻印をしてもらい、時刻表示の革はいろんな色の革を用意して、子供たちの独創性に任せました。

 

それと、少しでも革について理解を深めてもらおうと、プリントを用意して革についてのミニレクチャーを開催しました。

 

体験料は2,000円。文字盤には植物タンニンでなめした牛ヌメ革を使っていて、準備の段階で企業秘密の加工を施しています。

品質に妥協はしていないので、正直なところ材料代を考えるとお得すぎる料金設定ですが、小学生の次元を超えた夏休みの宿題を成功させようと採算度外視のクオリティで設定しました。

そして、完成した「次元を超えた作品」がこちらです。(※全員に画像掲載の許可をいただく余裕がなかったので、顔はモザイクをさせていただきました)

同じ作品はひとつとしてない、世界でたった一つのかべかけ時計をみなさんに完成していただけました!

 

体験人数は1回で5人まで×1日4回×2日間で限定させていただきました。時間帯によってご来場者にばらつきがあって、人数が多い朝イチの時間帯にはかなりのご来場者をお断りすることになってしまい、せっかく遠くから来られた人にご迷惑をおかけしてしまうことになり反省です。

 

初日の反省から、2日目は予約カードを発行して、満席になってもその後の時間割を予約していただけるようにしました。その効果もあってか2日目は搭乗率95%。終日ほぼ満席となり、ご希望のみなさんに体験していただけたのではないかと思います。ありがとうございました。

 

【おしらせ】

今回ご用意した材料がまだ少しありますので、ある程度の人数を集めていただければ工作体験を実施することも可能です。なくなり次第この企画は終了いたします。