· 

Deer leather(鹿革) from Yakushima

世界自然遺産の島、鹿児島県の離島「屋久島」。ここに生息する屋久島固有の鹿「屋久鹿(ヤクシカ)」が森のいたるところにいます。

しかし人間と自然の共存がうまくいかず、運悪く、様々な理由で害獣として狩猟される鹿もいます。

そんな屋久鹿たちの命を無駄にしないために、地元で鹿の加工を手掛けるヤクニク屋さん。

人間が食べる鹿肉加工から、ペット用おやつ、鹿の角を利用した小物などを製作・販売されています。

 

先日屋久島を訪問した際に、看板犬小梅のおやつを買おうと、たまたま立ち寄った系列店のペットワンさんに立ち寄った際、屋久鹿の革が展示されていました。まだ販売用として置いているわけではありませんでしたが、交渉の末、ご厚意により1枚革(鹿1頭分)をひとつ譲っていただけました。

 

とても柔らかくて丈夫な鹿革です。この革加工部門に関しては、まだ鹿を捌いた後の保存方法などで試行錯誤の段階とのことで、一般向けに革の販売はされていません。当然この屋久鹿を使った小物などの皮革製品も、私がまだ販売できる段階ではないということです。

 

しかし、ありがたいことに今回は新たな企画としてお話を頂き、展示作品を作らせていただくことになりました(非売品です)。屋久島に当工房の作品を展示していただけるそうです。

 

屋久島→山口→屋久島というルートで、革→作品→展示という予定です。とても楽しみな試みに参加させていただくことになりました。頑張って作っていきたいと思います。作品が出来上がったらまたご紹介させていただきます。