· 

馬蹄型コインケースが高価なわけ

たかがコインケースである。

ポケットに忍ばせる小さなコインケースだが、この構造のものはたいがい高価である。


その理由は、ミシンで縫うことのできない特殊な縫合をしているからです。

「はこぬい」「駒合わせ縫い」などという、90度に縫い合わせる方法で作るこのコインケースは、通常の縫い方とは違い、かかる時間が数倍になります。


自分でもなかなか製作してみようという気にならなかったのですが、このたび知人からオーダーをいただき、製作しました。

開いたときに馬蹄になっている部分にコインをジャラジャラと出して使い、収納する時にはボックスの中にコインを戻して2つに折りたたみます。


お札を小さく折りたためば、フラップがついている薄いポケットに入れることができます。

ホックなどは付いていないので、カバンに入れて使うことはおすすめしません。ポケットに入れて持ち歩く人専用です。


手間暇かかった逸品が好きな人にはおすすめのアイテムです。

革工房JACKではオーダーを承っています。気になる商品がございましたら、お気軽にご相談ください。心を込めて製作いたします。