· 

名刺入れについて

名刺入れはシンプルなものから派手なものまで、いろいろなものがあります。

使う人それぞれの職種や用途で、選ぶべき色が様々です。

かしこまったビジネスの営業職の人なんかは、派手な色はマナーに反することもあるようです。


名刺入れのオーダーをいただく時に、革の色のご指定をいただきますが、使う人の用途によって様々だと実感します。

この小さな入れ物は、重要な場面で脚光を浴びる一瞬がある重要な小箱なのです。


掲載写真の名刺入れはとても明るい色で配色され、存在感のある名刺入れに仕上がりました♪

オリーブとレッドの組み合わせで、クリスマスカラーになりました。

縫い糸は珍しい色のラベンダーです。


ぜひ幸運をもたらすアイテムになってもらえたら嬉しいです。

以下の表を名刺入れを選ばれるときの参考にしていただけたらと思います。

● 名刺入れ「見た目」別 メリット/デメリット表

 

メリット

デメリット

派手な名刺入れ

●印象に残る。
●話のネタになる。

●「仕事を何だと思っているんだ!」などと遊びと混合しているイメージを持たれ易い。

高価な名刺入れ

●印象に残る。
●話のネタになる。
●ビジネスツールにお金をかけるため仕事が出来る人の印象を持たれる。
(時計などと一緒)

●いやみに捉えられる。
●派手な名刺入れと同様の印象を持たれ易い 。

シンプルな名刺入れ

●真面目な印象を残せる。
●マイナスのイメージを持たれ難い。

●印象に残らない。
●話のネタにはならない。

革工房JACKではオーダーを承っています。気になる商品がございましたら、お気軽にご相談ください。心を込めて製作いたします。