· 

須金市日に出展しました

平成27年1月25日(日)に、周南市須金で年に一度の須金市日が開催され、出展に呼んでいただきました。


この須金市日、過去の歴史は長く1690年(元禄3年)に遡るそうです。昭和40年ごろに一度は廃止になっていたものの、地元の有志の方々により3年前から復活した市です。


※下記パンフレット参照

山間の集落の旧商店街の通りの、空き店舗などを利用して、そこに模擬店舗やイベントが入り、一日だけの商店街を作り上げます。


普段静かな山間の集落であろうこの地域(実際に普段の姿は見たことがありませんが…)が、市日の開催日だけ賑やかな商店街になります。


この素敵なイベントに呼んでいただき、作品を出展させていただきました。前回同様、使わせていただいたのは高時商店さんの店舗。

「スチール製の商品陳列棚や、ガラスショーケースの処分に困っているんじゃが、誰か要る人はおらんかのぅ」とご主人が言われていました。

いつもお茶を出していただいたりして、とても親切にしていただけます。


このお祭りの仕掛け人は須金rebornプロジェクトさん←フェイスブックで発信されています。


そして、今回驚いたのが、「食」のうどん屋さん。松茸うどんなのですが、干しシイタケならぬ干し松茸を、鍋にドカン!と入れてうどんのダシを作られていました。そして、うどんにも松茸が入っていましたのでとてもいい香りでした。普通のうどんのお値段で提供されていて、都会では考えられない振る舞いだと思いました。お店の出展者の山で採れる松茸なので出来る技なんですね。


好物の「しし鍋」もあったり、出展以外でも楽しませていただきました。


関連記事~出展イベントにも記載!

革工房JACKではオーダーを承っています。気になる商品がございましたら、お気軽にご相談ください。心を込めて製作いたします。