· 

八重山ミンサーについて

沖縄地方にはミンサー織という織物があります。これは起源を琉球王朝時代に遡る伝統工芸品です。

沖縄出身の方は誰でも知っている有名な織物なのですが、その中でも有名な模様「四つ玉」「五つ玉」の組模様を使って、時々革作品を製作しています。


なぜ山口県でこれを作るのかというと、単に沖縄が好きだからです(笑)他にも大島紬の作品もありますが、これも奄美が好きだからです。旅行したときに、生地やハギレを買って帰って、それを使って作品を作るのはとても楽しいです。


今回の写真のキーホルダーには、八重山ミンサーを使っています。ちょっともったいないですが、花器に敷くための四角い敷布や、コースターなんかを買って帰って、切って使います。石垣のお店の店員さんには、「せっかくの作品を材料に使ってごめんなさい」って言って買って帰りました。

みね屋工房さんの説明書きがあったので掲載してみました。

女性から男性への特別な贈り物で、五と四の模様(いつよ柄)は「いつの世まで末永く」と言う願いが込められているんですね。


素敵な八重山上布のお話でした。

革工房JACKではオーダーを承っています。気になる商品がございましたら、お気軽にご相談ください。心を込めて製作いたします。